銀行の無利息のサービスを利用した

いつでもそうですが、お金が必要なときは突然にやってきます。
その時に、手持ちがないときはどこかで借りることにしています
今回は銀行を利用することにしました。銀行を選んだ理由は、初めての借入でその返済が30日間以内の場合は無利息になるサービスが適用されるからです。
今回は、借入金額も5万円と少ないためにこの期間内に返済ができるからです。お金を借りるときに、一番心配なことはその借りたお金に加算される利息の料金です。これが、無利息ならその心配は不要となります。しかし、本当に返済をするまでは半信半疑の部分は確かにありました。
無利息でも手数料などがかかるのではと不安でした。それで、30日と言わず、15日目に返済に店舗まで行きました。コンビニからの、返済では少し不安があったからです。実際に返済をしてみると、やはり無利息で元金だけの返済で終わりました。
なんだか、とてもお得な気持ちがします。借りた金額だけなので、この初めてのサービスはいいと思います。ちなみに、1ヶ月借りた場合の利息を聞いてみましたが5万円の場合は1
000円以下の利息と説明がありました。消費者金融は、金利が高いと思っていましたが早く返済すると安くすむことがわかりました。
住宅ローンの頭金いくら必要? 「足りないとき」の調達法
(1)頭金割合別の返済負担当たり前のことだが、頭金が多いほど借入額が減って、返済はラクになる。 たとえば、4000万円のマンションを全額住宅ローンで調達、金利1%、35年元利均等・ボーナス返済なしだと、毎月返済額は11万2914円。年間で約135万円、35年間の総返済 (続きを読む)

広告